☆オープンセサミ☆


マクロ大好きな人の輪が、ゴマの実のようにちいさな粒から大きく育っていけたらなぁ・・・
by a027161928
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイト以外のブログ

カテゴリ:つぷやき( 27 )

漬物たち

f0074332_11494025.jpg

らっきょです。
父と行ったスーパーで購入。
一晩水に漬けて、ひげ根と芽を削除。

あとは父に任せたので、調味料は何を使ってるんだか(笑)
色が付くの嫌いな人なので、きっと氷砂糖使ってるんだろうなぁ。

f0074332_1150174.jpg

梅干。
これは厳選しました。
無農薬・・・とまではいかないのですが・・。

というのも、以前無農薬栽培のものを使ったところ、皮が固すぎて食感が良くなかったんです。
ジューシー&ソフティーをモットーとする我が家の梅干。
一歩譲って、減農薬に。

今まではずっと母が漬けていてくれたので、今回初トライです。
失敗するといやなので、まずは3キロから。
彼女はなんと20キロ、毎年漬けてました。

「梅干貯金」なるものをしていて、その年の梅干に必要なお金、お味噌に支払う分等を、年間分ちゃんと取っておいてました。

母が遺してくれた我が家の味。
引き継いでいこうと思います。
[PR]
by a027161928 | 2006-06-15 11:58 | つぷやき

夏の味噌作り

f0074332_21463157.jpg

うちのお店のお客さんに、広島出身の方がおられます。
その方なんと、梅雨明けと同時にお味噌作りをされるそう。

「え~っ、カビわかないんですか?」と私。「あれはね、温度じゃないのよ。隙間があるとわくの」。
ふ~ん、そうなのかあ。
「だからこう、叩き付けて空気が入らないようにするのよ。」だそうです。

昨年まで、父と母の三人で作ってたお味噌。今年からは私の仕事。
冷蔵庫の奥底から見つかった、二年前のこうじ。
失敗覚悟で、夏味噌作ってみようと思います。
[PR]
by a027161928 | 2006-06-01 21:46 | つぷやき

ありがとう

今週末で、長きにわたり働いてこられたパートさんが辞められます。
なんとなんと9年間もの間、ずっとアニュー吉田店の品だし等をされてこられたのです。
う~ん、すごい・・。

はじめ辞められることを知った時のショック。
とてもいい人だったこと&これからのお店はどうなる?っていうのが理由。

でもね、わたし色々職場を渡り歩いてきたけれど、なんだかこんなに切ないのは初めてです。
人と人が出会うというのは、確かに別れの始まり。
でも別れるのが怖くて、その間のもっともっとたのしい期間を過ごさずにいるほうが、もったいない。
最近それを知りました。

だからね、今度来る人がとっても楽しみ。
また新たな出会いがあるから。
でも早く来てほしい~。
だって、仕事がハードなんだもん。

谷さん、9年間おつかれさまでした。
また遊びに来てくださいね。
きっと、きっとですよ~。
[PR]
by a027161928 | 2006-05-11 21:16 | つぷやき

思い出したこと

昨日、うちのお店でヘナをしました。
お客様に来てもらって、頭にぺったり塗って(笑)
で、へナは置いておかないといけないので、ターバンを巻いてそのまま帰宅してもらいます。

で、その時。

なんか懐かしい感じ。
お客様の頭の上で「なんだろう、この感じは・・・」
そうだ!
母を思い出しました。

生前、こうやってよく頭にぺたぺたやったっけ。
「気持ちい~ね~。あんたが触ってくれるとほかほかする」
って、いつも言ってたなぁ。
そのことがぶわーっっと頭のなかにひろがって、お客様の頭のうえでうるうるしてしまいました。

昔からものを思い出すとき、その匂いで脳裏に記憶がよみがえります。

これからも色々な匂いで、母のことを思い出すのだろうな。
[PR]
by a027161928 | 2006-05-09 19:50 | つぷやき

日牟禮神宮

f0074332_12313334.jpg

近江八幡市にあります。
鯉のぼり達が元気に泳いでました。
境内にある「クラブハリエ」と「たねや」、人多すぎ・・。
あのバウムクーヘン、そんなにおいしいかなあ???
烏丸丸太町の○風堂のがよっぽど・・・。
[PR]
by a027161928 | 2006-04-30 12:31 | つぷやき

今日のおやつ

f0074332_1519487.jpg

明治屋で購入したフィグバーです。オールレーズンのいちじくバージョンと思って下さいませ♪
[PR]
by a027161928 | 2006-04-09 15:19 | つぷやき

イタリアの学校での取り組み

イタリアの学校では、3~10歳までの児童には、100%の有機食品を、
それより年上の児童には、35%以上の有機食品を給食の材料として
使用することが義務ずけられました。
いずれにせよ、学校で給食に出される食材は、
全て100%化学肥料や保存料および有害な原料などの
ケミカルなものを使用しないものが栽培されることになります。
[PR]
by a027161928 | 2006-04-06 21:44 | つぷやき

f0074332_1532171.jpg

蹴上の桜です。人もお花も満開~。
[PR]
by a027161928 | 2006-04-06 15:32 | つぷやき

タンポポ

f0074332_1151934.jpg

スタッフのりぽんです。わんこの散歩中、かわいい黄色の花を咲かせてました。癒やしだわ・・。
[PR]
by a027161928 | 2006-04-04 11:05 | つぷやき

ローラ先生について

 伝統的な日本の食文化である玄米中心の穀物菜食を取り入れる
マクロビオティック。マクロビオティックの国際講師を務め「食べてやせるマクロ
ビオティック」などの著書もあるローラ小林(小林裕子)さん
 もともとは、幼児の能力開発を行なう塾経営者。趣味のホノルルマラソンから
帰る飛行機の中で、有名トライアスロン選手から教えてもらい
マクロビオティックと出合う。以来、理論と実践を積み、玄米おむすびと砂糖
を使わないクッキーで、子供たちの有名小中学校合格率を上げた実績も。
  今は講演や料理教室などで国内外を回り普及に努める。
講演会で定期的に訪れる沖縄は、二男夫婦が歯科医を開業した縁もあり思い
入れ深い土地。「中高年とこどもの肥満が多いのが気になる。
 揚げ物と油いためが多い食生活を蒸す、煮る、焼くに変えてみては。
野菜や海藻類など伝統的食材も豊富だ」と語り、沖縄で生まれた孫の将来のためにも
「沖縄の食文化改善に役立ちたい」と意気込んでいる。

 お昼からの質疑応答ではぜひ皆様よりマクロに対すること、
クシマクロのことなど質問がいただけるとうれしいのですが。
 4月21日での講演お楽しみに。
[PR]
by a027161928 | 2006-04-03 19:51 | つぷやき


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧